人気ブログランキング |

カテゴリ:生活( 7 )

2種類のトートバッグ

火曜日の奥秋先生が
LAPISのトートバッグをプリントしてくださいました。
皆さんは、よくこのバッグに習い事の材料を入れて教室に通っていただいています。
もし、電車の中などでお見かけしましたら、どうぞお声がけください。

b0205287_13145824.jpg


by johanesvermeer02 | 2019-03-10 13:20 | 生活 | Comments(0)

色彩の本

b0205287_10155607.jpg


絵画にしろ、額縁にしろ、何れにしても「色」とは切っても切れない関係があります。
わたし自身も幾つかの色彩の本を読んでみましたが、なかなかシックリとは来ませんでした。
先日Book 1stに立ち寄ってみたところ1冊の本が目に留まり、そのタイトルは「配色の教科書」です。
色彩文化研究会が著者で、パイ インターナショナルが販売元です。教科書というタイトルから軽く構えて一読してまた、本棚に戻そうとしたところ、英字のタイトルは[The History of Color Harmony Theory]とあります。直訳すると「配色理論の歴史」です。もう一度本棚から取り出して中身を注意深く目を通してみたところ、その内容があまりにも素晴らしく、アリストテレスから始まる「色の調和」について様々な方達の理論の紹介が展開されています。私たちの周囲には「色」にまつわる様々な情報が溢れていますが、その情報がどのようにして理論として発見されて、展開されてきたかが、丁寧に紹介されています。内容はかなり高度な部分もありますが、色彩に関わる方は必携だと思います。すぐに購入してしまいました。私もかなりの衝撃を受けた本です。まだ、大きな本屋さんに置いていると思いますので、是非手にとってみて下さい。    筒井

by johanesvermeer02 | 2019-02-04 10:34 | 生活 | Comments(0)

2018年 謹 賀 新 年 


b0205287_22514120.jpg

明けましておめでとうございます。

旧年中は様々な方々に支えられて本当に有難うございました。
今年はLAPISの玄関に小さな注連縄を飾らせていただきました。
どうかこの1年が皆様にとってより良き年となりますようお祈り致します。
b0205287_22525211.jpg
新たな年を迎え、この2018年もAtelier LAPISは5名のスタッフと37名の生徒さんと共に
まだまだ多くの未開拓部分もありますが、古典技法の追求を更に深め1人でも多くの方々に
その価値を広めたく努力をしてゆく所存です。
今年も宜しく御願い致します。

(このイラストはおそらく鏡などの額縁として使われたであろうと思われるドイツのカービング額の1部です。)




by johanesvermeer02 | 2018-01-01 23:09 | 生活 | Comments(0)

色について   ーこの顔料は何故青いー

色を私たちは一体どのように捉えるのでしょうか。
この画像は太陽光が当たった顔料部分は青い光を反射してそれ以外の光は吸収して私たちの眼には顔料は青く見えます。
つまり、顔料そのものが色を持っているのではなく最も青の光を反射してこの顔料は青く見えるのです。
例えば、白いコーヒーカップに黄色い光を当てるとそのコーヒーカップは黄色く見えます。光の色によってものの色の見え方が
変わってきます。
b0205287_21414218.jpg

私たちは眼でものを見ていると思いがちですが、眼は光を受光するカメラの役割を果たします。
光は眼の表面の角膜を通り、レンズの役割を持つ水晶体へと続きます。そして奥にある網膜で感光します。
実際には上の画像は何と私たちの網膜では下のように上下が逆さまに映ります。
b0205287_22292949.jpg

網膜で感光した光は電気信号に変えられて視神経を通って大脳の視覚を司る視覚中枢に伝えられます。
この視覚中枢で視神経興奮の総合作用が行われ、ものの色として知覚されるのです。
ここでは過去の経験や記憶などの相互作用も行われ、人それぞれの生活環境による連想や感情が呼び起こされて、色を見る事、すなわちものを見る事についての情緒も起きます。
私たちの「見える」というものは実際のところは光を感じて脳で理解しているのかもしれません。
b0205287_21373355.jpg
これは原色の色を混ぜる段階から混色を進める全体を示しています。
b0205287_21374275.jpg
b0205287_21381416.jpg
これは最終的に微調整をする段階のパレットです。
b0205287_21375287.jpg
作った色のカラーチャートは今後の展開には欠かせません。
色とは実にデリケートで奥深いものです。
私たちは眼で見ていると思いがちですが、実は眼を通った情報が脳で再構築されて私たちは見るということを認知しているという事になります。
この事はもう一つの感覚である聴覚にも同様な事が言えます。実に不思議です。




by johanesvermeer02 | 2017-10-24 22:12 | 生活 | Comments(0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年は例年の寒さを感じないほどの暖かいお正月を迎えましたが、如何お過ごしでしょうか。
今年も皆様と共に歩んでゆきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。
皆様のご健勝をお祈り致します。

b0205287_23120007.jpg

by johanesvermeer02 | 2016-01-01 23:28 | 生活 | Comments(0)

三角12面体   ー土曜日コースー


三角12面体
毎日茹だるような暑さが続いています。
アトリエの外に出るとサウナのような外気に晒されます。
そんな中、生徒さんが早くもクリスマスの飾りに使うという三角12面体なるものを持ってきました。
全面に金箔の水置きをして黄金に輝く多面体です。
クリスマスにこのオブジェが輝くのを想像しながらこの夏の暑さを凌ぎましょう。





b0205287_22030688.jpg



by johanesvermeer02 | 2015-07-25 22:40 | 生活 | Comments(0)

5月の薔薇     ー土曜コースー

b0205287_17385821.jpg



5月になりましたが、毎年育ててこられた薔薇を教室に持ってきて下さる生徒さんがいます。
今回のこの薔薇の花は「没薬」を意味するMyrrh(ミルラ)と呼ばれる品種だそうです。
没薬とは古くから香として焚かれていたらしく鎮静剤、鎮痛剤としても使用され、エジプト時代にはミイラ作りの遺体の防腐処理にも使われたそうです。ミイラの語源という説もあります。有名なのはキリストが誕生し、東方の三博士が捧げた3つの贈り物の中の1つにこの没薬があります。
丹精込めて育てられたこの大輪のミルラはアトリエに飾ると香りが部屋じゅうに広がり、確かに安らかな気分になります。なるほど「没薬」とはきっとこのような香りなのでしょう。きっと今日の生徒さん方も気持ち良く作業をなさったことでしょう。
ありがとうございました。
皆様には香りはお届けすることはできませんが、この美しさをどうぞご覧ください。
by johanesvermeer02 | 2015-05-10 17:51 | 生活 | Comments(0)