人気ブログランキング | 話題のタグを見る

額縁遠足 ギャラリー916へ -月曜コース-


月曜コースを受講されている生徒さんと一緒に

ギャラリー916 へ「額縁遠足」にでかけました。

いつものアトリエを離れて、珍しい額縁を見学に行く遠足です。

ギャラリー916では、写真家上田義彦さんの展覧会が

会期を延長して現在も開催中です。


許可をいただき展示額縁の写真を撮りましたのでご紹介しますが、

作品には加工をしております。見難い点をお許しください。

額縁遠足 ギャラリー916へ -月曜コース-_b0205287_13075931.jpg

シンプルモダンな額縁から古典技法の額縁まで、様々なスタイルの額縁を
組み合わせて展示された広い空間は、とても居心地の良い場所です。
写真と額縁の組み合わせの可能性をひしひし感じます。
なかでも、アメリカのアーツ&クラフツ時代の額縁が見どころ。
ニューヨークにある額縁のギャラリー「LOWY」のカタログ
「A CHANGE OF TASTE」の時代です。
この日もカタログ片手に鑑賞しましたが、掲載されている額縁の
まさに実物が使われており、ちょっとした興奮でした。

額縁遠足 ギャラリー916へ -月曜コース-_b0205287_13094606.jpg

1920年頃に作られた carrig-rohane の額縁です。

外側の鎖束のような編籠のような模様も素敵ですし、

内流れの部分、石膏地に縮緬のような細かい模様が

入れられているのが印象的でした。

どうやって作った地模様なのでしょうか。


額縁遠足 ギャラリー916へ -月曜コース-_b0205287_13103601.jpg

繊細な模様でありながら、力強い男性的な額縁でした。

素朴な雰囲気の彫刻に、おおらかに刻印が打たれています。

箔足は美しく、確かな技術が感じられました。

額縁遠足 ギャラリー916へ -月曜コース-_b0205287_13111786.jpg

こちらはイギリス風?

バーン・ジョーンズの絵が入っていそうな雰囲気で

アーツ&クラフツ時代のスタイルです。

内側の平らな部分に木目が見えているのが特徴的。

これが磨かれた石膏地のつるりとした面が作られていたら

印象はまったく違うでしょうね。

額縁遠足 ギャラリー916へ -月曜コース-_b0205287_13114882.jpg
こちらもまた、アメリカのアーツ&クラフツ時代のもの。

ギリシャ風の装飾で、アール・デコも感じます。

内流れの部分は、おそらく木地をうすく彫った上に

石膏をかけて「揺れ」のある趣をだしています。

大げさに言えば、この「揺れ」がこの額縁の命です。

ここも上の額縁同様につるりとした面が作られていたら

印象がまったく違うはず。

もしもっと古い時代だったら、きっとつるりと平らに

磨くスタイルで作られたのではないかな、と思ったりします。


アメリカのアーツ&クラフツ時代の額縁を数点観ることができましたが、

コントラストがはっきりした、男性的な額縁という印象でした。


その他、イタリアのサンソビーノ額縁(写真撮り忘れ)や

南の地方(ナポリやシチリア、もしくはスペイン?)の額縁、

シンプルながら目を引くような額縁が色々展示されていました。

額縁遠足 ギャラリー916へ -月曜コース-_b0205287_13122168.jpg


そしてやはり、額縁が生き生きとしているのは

なかに納められた写真の力によるものがおおきいのです。

写真と額縁がお互いを高めあっている。

理想の額装のかたち。


ご一緒して下さった生徒の皆様、ありがとうございました。

今後も「遠足」の機会を設けたいと思っています。

今回ご参加頂けなかった皆さんも、ぜひ次の機会に。

遠足展覧会のリクエストもお待ちしております。






by johanesvermeer02 | 2015-09-25 13:05 | 額縁
<< 生徒さんの展覧会のお知らせ  ... これは何?   ー土曜日ー >>