人気ブログランキング |

顔料の水練り   ー土曜日コースー


テンペラを描く時の絵の具には粉の顔料を水練りします。
材料はご覧の通り。
練り板、練り棒、水、ペインティングナイフ
b0205287_20540296.jpg

顔料の粉を練り板に出し、中央を窪ませて、水を加えます。
b0205287_20541275.jpg

まずは、ペインティングナイフで顔料と水を練り合わせます。
b0205287_20542179.jpg
均一なペースト状になったら、
b0205287_20550869.jpg
練り棒で練りこんで粉を細かく均一にします。
b0205287_20544814.jpg
練り終わったら、ペインティングナイフで瓶の中に顔料を入れて、
b0205287_20552665.jpg
瓶には水を加えて出来上がりです。
これで、細かく均一な顔料が出来上がりです。
b0205287_20555663.jpg






# by johanesvermeer02 | 2019-07-21 22:54 | 技法 | Comments(0)

装飾写本のはじめ  ー土曜日コースー

土曜日の生徒さんで
羊皮紙をイギリスでWhole Skinといって1頭の羊の皮まるごと買って来られました。
この1枚から支持体が2つとれたので、これから2つの作品に取り組んでゆきます。

羊皮紙とは、ご存知かとは思いますが、14世紀に紙が一般に広く使われるようになるまで、ヨーロッパで使われていた獣皮の1つです。現在では貴重な品です。

b0205287_20525824.jpg
表皮と内側の脂肪分をそぎ落としてご覧のように綺麗な乳白色になります。
まだ、端の形が動物を連想します。
b0205287_20530395.jpg
湿気を含むとカールしてしまうため、板に貼り込んで支持体にします。
2枚とることができました。

b0205287_20530741.jpg
画面の状態です。

b0205287_20491796.jpg

輪郭線が描きいれられました。
「マギの礼拝」です。
いよいよ彩色の始まりです。













# by johanesvermeer02 | 2019-07-21 20:53 | 絵画 | Comments(0)

火曜日の生徒さん 青木さんが「第4回 あおば美術公募展」に入選、そして入賞です。

お知らせです。
火曜日の生徒さん 青木さんが
『第4回 あおば美術公募展』に出品し入選、そして入賞いたしました。
どうぞご覧ください。

b0205287_14175637.jpg
『第4回 あおば美術公募展』
会期:2019年7月6日(土)〜15日(月・祝)
会場:横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1(1階)、展示室2(2階)
時間:10:00〜18:00(最終日15:00)

b0205287_14180432.jpg
作家名:青木フランシス
作品:入選2点
   『Frances Transit』横浜青葉ライオンズクラブ賞受賞
   『くちなしの楽団』
技法:テンペラ油彩混合

# by johanesvermeer02 | 2019-07-07 14:23 | Comments(0)

色について

自分なりの構想から支持体制作、下描きが出来て
いよいよ着彩という段取りなのですが、
この色というものが実は大変難しい。
実際、過去の偉人たちの導き出した色彩理論を頭に入れつつも
何万色の中から、選び出す過程が最も難しいと思います。

b0205287_08453199.jpg
色彩理論があっても、絵具の混色はまた、別の問題が生じます。

b0205287_08452766.jpg
実際に塗るのは、それまでと比べればとても楽しい作業です。
油画の場合は、下塗りから樹脂を混入してグレーズして重ね塗りしてゆくのが特徴です。
筒井



# by johanesvermeer02 | 2019-06-16 09:18 | 絵画 | Comments(0)

制作の裏側 木曜日講師 滝口

アトリエラピス木曜日講師の滝口です。
初めてブログを投稿させていただきます。

去年のラピス展に出品させていただきました、ゴシック風額縁の制作過程を紹介させていただきます。

b0205287_19424169.jpeg
ゴシック風額縁とフラ・アンジェリコのボスコ・アイ・フラーティの祭壇画一部模写

この額縁の構想を初めてから完成までは約3年の月日を費やしました。勿論毎日作業をしていた訳では無く、全く制作出来ない時もありましたのでこのように制作期間が長くなってしまいました。

そもそもこの額縁を作ろうと思い立ったのは、土曜日講師の筒井先生が以前に作られたフランボアイアン額縁に憧れた所が大きかったです。又ゴシック期の豪華絢爛で装飾が細かい額縁は現存数が極端に少ないという所に興味を引かれたからでした。
結局模刻をしたくても資料数が限られ、写真等もあまり質の良い物が見つからなかった為、ゴシック建築を参考にしながらオリジナルの額縁を制作する事にしました。

b0205287_19581425.jpeg
実際に作った設計図

b0205287_19594932.jpeg
大きくなってしまうので厚みを出しながらどうやって軽くするか、が1番の課題でした。

b0205287_20022602.jpeg
バラ窓も全て手作業で一枚一枚開けました。

b0205287_20044933.jpeg
筒井先生のアドバイスも多分に取り入れやっと生地が完成。ここまでがとてつもなく長かったです。
私の力量と初めての複雑な額縁制作で当初予定していたものよりゴシック感が薄くなりました。

b0205287_20082440.jpeg
石膏を塗り終えたところ。

b0205287_20095217.jpeg
地道に金箔貼り、磨いて…完成!

こうして思ったよりも立派な作品に仕上がってくれたのでした。
制作を通して手際が悪かった所や改善点が多々出てきました。この作品はこれ以上作るつもりはありませんが、他の作品を制作する時に大いに役に立つ事と思います。

長くなりましたが、お読み頂きありがとうございました。

木曜日 たきぐち

# by johanesvermeer02 | 2019-04-18 19:38 | Comments(0)